転職で退社するとき 上司への上手な伝え方。理由は正直に言うべき?

転職

転職活動をして無事転職先が決定したあなた。

これから心機一転新しい職場で頑張ろうと希望に満ちているところですよね?

でも、その前に、今の職場でしっかり考えて対応しないといけないことがあります。

それは、転職することを上司や同僚にどう伝えるか、そもそも最終出社予定日の何ヶ月前に伝えるか、今の仕事の引継ぎを後任者が困らないようどうやって無事に終わらせるか、など、今後のあなたの仕事や考え方にも影響することですので、他に転職するから関係ないよと思ってはいけません。

転職が決まった後、今の職場での対応はどんなことをするのか知らない人も多いのではないでしょうか。

今日は筆者の経験談を元に、「転職で退職するときの上司への上手な伝え方」を紹介していきますね。

転職で退社するとき 上司への上手な伝え方

無事転職が決まったあなたが退職することを上司に上手に伝えるポイントは、

1.上司には1番最初に伝える
2.希望退職日の1.5〜2ヶ月前には伝える
3.会議室などで2人になって面と向かって伝える

この3つです。

1.最初に伝える相手は上司です、どんなに仲の良い同僚がいても、間違っても同僚が最初ではありません。

私はこれまで4度転職して、どれも最初に上司に伝えていましたが、上司を後回しにした人を見ています。もしあなたの部下があなたを後回しにしたら、あなたはどう思いますか?良い感情は持ちませんよね。

上司を後回しにしたその方は、円満退職とは程遠く、上司もそのことをいろんな所で話しますので、その方の社内での評判はがた落ちでした。

しかも同じ業界内での転職だったこと、業界団体活動が活発な業界なので企業は違えど評判や噂はすぐに広まります。

同じ業界というものは、あなたが思っているものよりも狭いものです。

本人が知らないうちに、転職先の方々はその方の情報を仕入れていますので、転職先でもそういう方だと烙印を押され困っていました。

あなたはそんなことがないよう、上司にどんな感情を持っていても必ず最初に伝えましょう。

2.いつ伝えるか、引継ぎを考慮すると、私は希望退職日の1.5〜2ヶ月前には伝えました。

あなたが抜けることで後任者はあなたの業務を引き継がなくてはいけません。あるいは上司は新規採用などその穴埋めを考えないといけません。

引継ぎは、面倒でも後任者が困らないよう引継書を作って細かく説明することが大事です。しっかり引継ぐことによって、あなたは信用されます。

私もそう対応したことで、今でも転職前の企業の方々と良好な関係を維持できていますし、電話で相談を受けることもあります。

3.上司には、どんなに嫌でも面と向かって転職することを伝えましょう。伝える内容は、転職すること、その前向きな理由の2点で十分です。

具体的には、私は、自分はこういうことを目指していて、そのためには今の職場では今後もできないであろうこと、それができるところへ転職すること、の3点を、この順序で伝えました。この3点をしっかり伝えることで、上司は納得します。

ポジティブな話をすることが重要です。

これらを対応してきたことは、私はそういったことを疎かにする人間ではない、と認識できて心を健康に保てています。

あなたがあなた自身に自信が持てる理由の1つにもなりますので、しっかり対応しましょう。

転職で退社するとき 上司へ理由は正直に言うべき?

上司に転職することをポジティブな理由付けにより伝えることは先に述べたとおりですが、基本的には考えている理由を正直に伝えましょう。

そうは言っても、思っていることを何でも全て伝える必要はありません。いくつかある理由のうち、ポジティブな理由だけを正直に伝えるのです。

例えば、私は、特定の分野に特化した企業からそうでない企業に転職した時は、上司とうまくいっておらずこの先もうまくいかないであろうと思っていることは言わず、もっと広い分野を扱う業務をしたいというポジティブな理由だけを伝え、円満に退職できました。

まとめ

後から思い返した時に、あの時後を濁さずに転職できたと思えるような伝え方、対応を心掛けてくださいね。それがあなた自身の利益になりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました