「ビットコイン積立」が可能なおすすめ暗号資産交換業者3選

暗号通貨

ビットコインを始めたいけれど、大きなお金は用意できない…。という方も多いと思います。
2021年10月16日現在の1ビットコインの価格はbitFlyerで700万円を超えました。
確かに1ビットコインは普通の庶民にとって簡単には手が出せないようなとても高い価格になってしまいましたね。

しかしビットコインは必ずしも1ビットコイン単位で購入しなくてはいけないわけではありません。
ビットコインはSatoshi(サトシ)というビットコインの最小の通貨単位でも取引されています。ちなみに1 Satoshi = 0.00000001 BTC。Satoshiは円でいうなら「銭」のような単位の役割を果たしていると言えますね。

ですから1ビットコインだと高すぎて購入できなくても、比較的少額のお金で少しずつSatoshiを集めていくことでやがては1ビットコインという資産を形成することも可能です。
投資できるお金が限られていてたとえ1ビットコインには到達しないとしても、Satoshiでも価格変動率はビットコインと当然ながら同じですから将来的に売却益の恩恵を十分受けることは可能です。

価格変動の激しいビットコイン

とはいえビットコインの購入には当然ながら値下がりリスクもあります。ビットコインは価格変動のとても激しい通貨として知られており、例えば2021年4月につけた700万円超の価格も2021年7月には半分程度の価格まで値下がりしています。
仮に4月の最高値近辺で100万円分ビットコインを購入したとするなら、7月には半分の50万円程度になってしまったと考えるとビットコインのボラリティの激しさが感じられますね。

本当は底値近辺でビットコインを購入できれば最高なのですが、相場は生き物。普通の人は安値で買おうとして高値を掴んでしまったりと、トレードは口で言うほどそんなにうまくいくものではありません。

そこで値下がりリスクを低減するために、地道な積立という手段が有効になってきます。
この積立ですがもっと専門的な投資用語でいうと「ドルコスト平均法」と呼ばれています。

ドルコスト平均法

ドルコスト平均法とは一定期間に渡って決められた額を定期的に購入する投資手法のことです。
仮に30万円ビットコインに投資したいと思っている場合、一括で30万円分ビットコインを購入するのではなく、毎月1万円分のビットコインを30ヶ月に分けて購入していくということになります。

ドルコスト平均法は投資信託の購入などでも用いられ、長期的な資産形成の手法として効果的な方法として有名です。値下がり時でも過度に動揺せずに済む精神安定を保ちやすい投資手法であるため、価格変動の激しいビットコインにはまさにぴったりの投資手法と言えるでしょう。

こうしたドルコスト平均法の投資を行いやすくするために国内の有名なビットコインを取り扱っている暗号資産交換業者には自動で積立できる仕組みが用意されています。

ビットコイン積立できる暗号資産交換業者

じゃあビットコイン積立はどこの業者で行うのがいいの?と疑問に思われる方もおられることでしょう。
これからビットコイン積立ができる大手暗号資産交換業者を3つご紹介していきますね。

コインチェック

コインチェックには「月イチつみたてプラン」と「毎日つみたてプラン」という二つの積立プランが用意されています。
月に一度だけの買い付けか毎日買い付けするかという違いがあり、毎日つみたてプランの方がよりリスクを抑制した安定的な投資を行う事ができます。
月々1万円から1000円単位で積立額を設定することができ、設定すれば銀行口座から毎月引き落としされるので手間入らずです。口座振替手数料や積立サービス手数料も無料となっています。

GMOコイン

GMOコインにも「つみたて暗号資産」という積立サービスが用意されています。
毎日購入する「毎日プラン」、毎月購入する「毎月プラン」の2つのプランから選ぶ事ができ、最小積立金額も500円で積立手数料も無料となっています。
GMOコインは銀行口座からの引き落としではなくGMOコインの口座にあらかじめ日本円を入金しておく必要があるので少し注意が必要です。

ビットフライヤー

ビットフライヤーには「かんたん積立」という積立サービスが用意されています。積立金額は1回あたり1円から設定することが可能です。積立の回数も毎日1回、毎週1回、毎月2回、毎月1回と自分の好みに合わせて細かく設定することができます。
コインチェックやGMOコインよりもより細かく積立の額や頻度を設定したいという方にはビットフライヤーはおすすめの業者ですね。
ただビットフライヤーでは積立資金が銀行口座からの引き落としではなく、GMOコインと同じくあらかじめ自分のビットフライヤー口座へ日本円を入金しておく事が必要ですから少し注意が必要です。

まとめ

少額からビットコイン積立を始めたい方は1円単位で積立金額を設定でき、積立頻度も細かく調整できるビットフライヤーがおすすめです。とはいえコインチェックだと銀行口座からの引き落としされるので、アカウントへ日本円を入金する手間が省けますので、毎月1万円以上ビットコインに積立したいと考えている日々忙しい方にはコインチェックでの積立がいいのではないでしょうか。

ここで紹介した業者は全て口座開設は無料で行えます。
価格変動の激しいビットコインですが、長期的視点で地道に積立することでビットコインの価格変動にも耐えながら将来の資産形成をしやすくなりますので、まずは口座を開設して少額からでもぜひビットコイン積立を始めてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました