転職をしたい20代女性必見!転職にホントに役立つ資格3選!

転職

働いている20代女性の皆さん、資格について考えたことはありますか?
転職活動中はもちろん、仕事に就いているときも、資格取得を意識している人も多いはず。

いつどうなるかわからない世の中。より良い転職のためにも、近い将来のためにも、役立つ資格を取っておきたいものですね。
特に20代の若い女性は、寿退社や出産・育児のために、長年勤めた会社を辞めて退職し、別の会社に転職する機会も多いはず。

一度会社を辞めてから、転職して正社員として務めるには、資格取得がもっとも近道といえるでしょう。
この記事では、転職を視野にいれた20代女性が取っておきたい資格をご紹介。

いつの時代も転職は心細いもの。役立つ資格を取って、転ばぬ先の杖にしてはいかがでしょうか。

20代女性が転職のために取っておきたい資格:MOS資格

まずオススメしたいのが、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の資格です。

いま現在、多くのオフィスで使われているOSはマイクロソフト社のWINDOWSです。

そのため、様々な職場で、WINDOWSのアプリケーションであるマイクロソフトワード・エクセルを使う機会は非常に多いといえます。

しかし、事務職で働いている正社員でも、なかなかエクセルやワードを使いこなせている人は少ないのが現状。
特にエクセルは、得意であればあるほど仕事が効率的になるので、ぜひとも積極的に技能を習得しておきたいところです。

面接でMOSの資格を持っています!というだけで、面接官の目が変わること間違いナシ。
どんな職種・業種でも活かせる資格なので、MOSは取っておいて損はありません。

20代女性が転職のために取っておきたい資格:簿記検定

次にご紹介したいのが、ご存知「簿記検定」です。
経理の必須項目とされている簿記検定の名を、誰もが一度は聞いたことがあるのでしょうか。経理課に務めている人は、全員が簿記のスペシャリストという印象がありますよね。

しかし実は、企業の経理課に務める人全員が簿記の資格を持っている訳ではありません。
特に中小企業においては、経理の実務作業をしていても簿記検定を持っていないという人が多いのが実情です。

求人情報を見ると、応募資格に簿記〇級取得と書いてある場合も非常に多いため、経理部署への転職を希望している人はぜひとも取っておきたいところです。

さらに簿記の基本である仕分を学んでおくと、個人事業主になったときに非常に便利。
自営業を視野に入れている場合や、土地やアパート経営をしていて年度末に確定申告をしている人は、簿記を取っておいて損はありません。

20代女性が転職のために取っておきたい資格:秘書検定

女性の社会進出が目まぐるしい現在ですが、職場での女性の役割はまだまだ昔からの慣習を引きずっています。

「気遣い」や「家庭での女性らしさ」を職場で求められることも多く、所属部署に関係ないのに、急に仕事を振られて戸惑ってしまう女性もしばしば。

そういった面からも、女性らしいお茶の淹れ方や来客対応は知っておいて損ありません。
そんなとき、役に立つのが秘書検定です。

日常で使える一般常識から、「上司が不在の場合の対応」といったビジネスシーンで活用できる知識など、様々な問題が出てきます。

ビジネスマナーは、大学でも専門学校でも意外と教わる機会がないだけに、女性の正社員でも知識はバラバラなことが多いもの。
秘書検定を受ければ、一段上の社会人として見られるかもしれません。

まとめ:スムーズな転職のためにも20代のうちに資格を取っておこう!

いかがでしたでしょうか。
資格を取っておけば、転職のときにもとても心強いですよね。

希望の会社に転職を希望する際、他の入社希望者と一線を画すためにも、履歴書に書ける資格は取っておきたいものです。
20代の若いうちに資格を取っておくことで、早めに技術を見つけることも出来ますよ。

資格を取ったら、ぜひとも活用したいのが転職エージェントサービス。
転職エージェントサービスでは、転職先をただ紹介してくれるだけでなく、自分の適正に合った会社を紹介してくれるのが嬉しいポイントです。

自分が持っている経歴・資格を登録すると、転職エージェントがそれらの経歴・資格が活かせるお仕事を紹介してくれます。
経歴・資格によっては、企業から直接スカウトメールが来ることもあり、かなり頼れるサービスとなっていますよ。

ぜひ資格を取って、転職エージェントに登録して、よりよい転職先を見つけましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました