建設業

建設職人からサラリーマンへの異業種転職は可能⁈【職人を辞めたいと思った時に取るべき行動】遅くないうちに手を打ちましょう

更新日:

職人からサラリーマンへの転職

ども!

元高卒職人の私です。

私は床工、塗装工、電気工事士といろいろと建設職人をやっていました。

建設系の仕事をを8年くらいやってきましたが、共通して言えるのは結構キツかったなということ。

今はPC中心のデスクワークを行なっています。正直ホッとしてますね。

私のように、建設職人になったものの、様々な事情から転職を考える人が多いのも事実。

この記事では建設職人を取りまく環境と、サラリーマンへの転職の可能性について扱っています。

職人の労働環境はブラック⁈

建設職人を取りまく環境はやはり厳しいものであることが多いです。

例を少しあげるならば、

朝早く夜遅い。拘束時間長すぎ

まあこれは当たり前といえば当たり前なのですが、朝礼がある場合は8時集合ですし、2時間かかる現場に行くことなどもザラにあるので、朝は5時起きなんてこともありますね。

「移動時間は仕事時間ではない」なんて言う人もいますが、車で寝てるならまだしも、ちゃんと運転してますからね、こっちは。

仕事してますよ。朝5時から!

で、夕方は5時に終業するのかというとそういうわけでもなく、終わるまで帰れないことがほとんどです。
そこからまた、長時間運転して帰宅。
へとへとです。

肉体労働なので疲れますから、家に帰ってきても何か別のことができないんですよね。

残業代が出ないこともある

職人の世界は日給制が多いため、長時間働いても残業代が出ないことも多々。

日給で見ると割がいい仕事だなと思っても、拘束時間で考えたら、最低賃金を割り込んでいるんじゃないかということも。

意外に近所のコンビニでバイトしていた方が時給がよかったりするかもしれません。

仕事が無いと親方に休めと言われる。

建設業界の仕事は景気に左右されがちです。

仕事が切れない会社ならいいのですが、ある現場が終了してから次の現場に現場の都合ですぐに仕事ができない場合もあります。

仕事が無い日は親方から休めと言われる職人さんもいるのではないでしょうか。

その間は当然無収入。

面倒見のいい親方や会社なら、現場が無い日でも、倉庫の片付けや事務仕事、洗車などの仕事がきちんとあるのですが、そうでないところも多いのが職人の世界。

当然有給なんてない

正社員として働いている職人さんは有給があるかもしれませんが、建設現場で働いているほとんどの人には有給なんてありません。

サラリーマンの有給が取れないという嘆きとは違い、そもそも有給という概念が存在しない⁈のではと思います。

怪我をするリスクが高い

電動工具の使用や、高所作業など、デスクワークと比べたら怪我をするリスクは圧倒的に高いですね。

私も指を落としてしまったり、脚立から落ちて骨折した人も何人も見てきました。

また、回復可能な怪我ならまだいいのですが、後遺症を負って働けなくなるとキツイですね。

パワハラは普通

職人の世界ですから、現場は高圧的な人も多かったりしますし、先輩からの理不尽な対応、パシリ扱いは普通です。

人間味のある親方ならいいのですが、人使いの荒い親方にあたると大変。

最近の若いもんは〜とか、
俺らの時はこんなもんじゃなかったとか、

いろいろ小言を言われたり、
毎日が苦痛ですよね。

職人の働く会社は小さな会社が多いですから、サラリーマンのように部署移動なんてできません。

ずっとこの状態が続くでしょう。

職人からサラリーマンへ転職可能?

転職

テレビなどではサラリーマンは社畜だとかいろいろ言われていますよね。

確かに、サラリーマンも大変なことは多いですが、建設職人の働く環境とは天と地ほどの差があるのではないでしょうか。

安定性、
空調の整った環境、

など前提条件が違いすぎると思います。

もう、職人の世界は嫌だ!別業種に転職したい!

という人も多いです。

職人からサラリーマンへの転職は可能なのでしょうか。

結論から言うと若ければ転職できます。

少子高齢化の進む現在、20代の若者は様々な業種で売り手市場。

ですから、あなたが若いならまだまだ、職人からサラリーマンへ転職することも十分可能です。

職人を辞めたいと思った時に取るべき行動はなんでしょうか。

ガテン系現場労働からサラリーマンへの転職を成功させる方法について考えていきましょう。

ブラック企業に入社しない方法

サラリーマン

せっかく職人からサラリーマンに転職しても、入社した先がブラック企業だったら、意味が無いですよね。

ブラック企業に入社しないためにはどうしたらよいのか。

それは、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントというと、なんかエリート向けなんじゃないのと思うかもしれませんが、

DYM就職という転職エージェントは、

高卒、中卒、フリーター、大学中退、未経験でも転職できるエージェント。

中卒でも利用出来るってすごくないですか。

しかも、2000社以上の全国の優良企業のみ紹介してもらえるので安心して就活をすることができます。

転職活動中に不採用になっても、なぜ不採用になったのかの理由を企業から教えてもらえるので改善して対策することができ、就職に成功しやすいのも魅力です。

経験を持つのキャリアアドバイザーが将来や希望を一緒に考えてくれて、一人一人の適正を考えてピッタリの求人を紹介してもらえます。

履歴書なども一緒に作成してもらえるので、初めての転職でも安心です。

もちろん、DYM就職の転職エージェントの利用は無料です。
彼らは、紹介した先の企業から報酬をもらっているからなんですね。

タウンワークとかのバイト雑誌をコンビニでもらう時に、お金払ったりしませんよね。

それと同じです。

転職のプロのサポートを無料で受けられるなんてこんな素晴らしい話はないです。

毎月約200人の方がDYM就職を使用して就職を決めています。
2000社の優良企業の中からふさわしい会社を紹介してもらうことができ、しかも正社員求人100%です。

札幌・東京・大阪・名古屋・福岡の主要5都市で就職のプロに相談できますよ。

▶︎▶︎DYM就職の申し込みはこちら

知り合いの紹介でどこかの企業に就職しても、変な会社だった場合には辞めづらいですし、

1人で転職活動するなんてのは、かなり無謀な挑戦。

ですから転職のプロである転職エージェントの助けを遠慮なくどんどん借りることが職人からサラリーマンに転職するコツですよ。

学歴に自信がなくてもなれる、DYM就職についてもっと詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

dym就職 30代
【DYM就職支援の評判】口コミが気になる?無料登録だけで可能な面談ではエージェントが徹底サポート

DYM就職の就職支援を利用しようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 やはり評判・口コミを調べるのが転ばぬ先の杖と考えている方もいると思いますが、この記事ではDYM就職を徹底的に調べ上げています ...

続きを見る

-建設業

Copyright© Work & Life & Money , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.