転職

転職で退社時の上司への上手な伝え方。理由は正直に言うべき?

更新日:

転職 退社 上司

転職時の悩みの1つに上司にどのように退社の意思を伝えるかという点があります。
これから心機一転新しい職場で頑張ろうと希望に満ちているところではありますが、転職活動に伴う退社についてはなるべく波風立てずにスムーズにしたいと思うとかなりの気がかりですよね。

転職することを上司や同僚にどう伝えるか
そもそも最終出社予定日の何ヶ月前に伝えるか
今の仕事の引継ぎを後任者が困らないようどうやって無事に終わらせるか

など、今後のあなたの仕事にも影響してくることでしょう

この記事では筆者の経験談を元に、「転職で退職するときの上司への上手な伝え方」を紹介していきますね。

転職で退社するとき 上司への上手な伝え方

無事転職が決まったあなたが退職することを上司に上手に伝えるポイントは、

1.上司には1番最初に伝える
2.希望退職日の1〜3ヶ月前には伝える(就業規則を要確認)
3.会議室などで2人になって面と向かって伝える

この3つです。

最初に伝える相手は上司です。

どんなに仲の良い同僚がいても、間違っても同僚が最初ではありません。
噂で上司に横から伝わってしまうことがありますからね。

私はこれまで4度転職して、どれも最初に上司に伝えていましたが、同僚の中には退社の意向を伝えるために上司を後回しにした人もいました。

もしあなたの部下があなたを後回しにして横から「あいつ会社辞めるらしい」と聞いたら、あなたはどう思いますか?

絶対に良い感情は持ちませんよね。

上司を後回しにしたその方は、円満退職とは程遠く、上司もそのことをいろんな方面で話しますので、その方の社内での評判はがた落ちでした。

しかも同じ業界内での転職だったこと、業界団体活動が活発な業界なので企業は違えど評判や噂はすぐに広まります。

同じ業界というものは、あなたが思っているものよりも狭いものです。

本人が知らないうちに、転職先の方々はその方の情報を仕入れていますので、転職先でもそういう人だという烙印を押され困っていました。

あなたはそんなことになりたくないですよね。
ですから、上司にどんな感情を持っていても必ず最初に伝えましょう。

いつ伝えるか、引継ぎを考慮すると、私は希望退職日の2ヶ月前には伝えました。

あなたが抜けることで後任者はあなたの業務を引き継がなくてはいけません。あるいは上司は新規採用などその穴埋めを考えないといけません。

この辺りは会社の就業規則で定められていることが多いですから要確認ですね。

引継ぎは、面倒でも後任者が困らないよう引継書を作って細かく説明することが大事です。しっかり引継ぐことによって、あなたは信用されます。

私もそう対応したことで、今でも転職前の企業の方々と良好な関係を維持できていますし、電話で相談を受けることもあります。

転職で退社する理由は正直に言うべき?

転職 退社

上司には、どんなに嫌でも面と向かって転職することを伝えましょう。伝える内容は、転職することとその前向きな理由の2点で十分です。

具体的に私は、

自分はこういうことを目指していて、
そのためには今の職場では今後もできないであろうこと、
それができるところへ転職すること

上記の3点をこの順序で伝えました。この3点をしっかり伝えることで、上司は納得します。

ポジティブな話をすることが重要です。

例えば私は、特定の業界の分野に特化した企業から別の企業に転職した時は、上司とうまくいっておらずこの先もうまくいかないであろうと思っていました。

退職の意向を伝える時の話し合いで、いろいろ思うことはありましたが、それらは心にグッとしまいこんで、

もっと広い分野を扱う業務をしたいというポジティブな理由だけを伝え、円満に退職できました。

ネガティブなことを言っても、相手には恨み節や捨台詞のように聞こえてしまいます。
ですからこういった本音はトラブル防止のためにも心の中にしまっておきましょう。

後から思い返した時に、あの時後を濁さずに転職できたと思えるような伝え方、対応を心掛けてください。

結果的にそれがあなた自身の利益になります。

もう1つのポイントとして、
転職することは正直に言うべきですが、転職先を明らかにする義務はありません。
明らかにしてしまうと、社内の情報を競合他社に持ち出されるのではないかと上司が不安に思う場合もあります。
次が決まっていることだけを伝えて、退職の意思の固さと、これまでの感謝を伝えて丸く収めるのが大人の対応です。

転職のプロを味方につけて円満退社

円満退社 上司

今在籍している企業と、転職先の板挟みになりそうで、転職活動をどのように進めたらいいのか分からないと言う方も多いのではないでしょうか。

私がお勧めする方法は無料で使える転職エージェントを利用する方法です。
転職エージェントの費用は求人している企業が負担するシステムなので、利用者である私たちには費用は一切かかりません。

特に転職エージェントの中でもお勧めなのが、DODAです。

DODAは応募書類や面接のアドバイス、日程調整などについてマンツーマンでサポートしてくれるキャリアアドバイザーと、
担当企業の採用計画や求める人物像をトータルに理解している採用プロジェクト担当の二人がタッグを組んであなたの転職をサポートしてくれる点です。

ここまで手厚いサポートが得られる転職エージェントは珍しいです。

DODAのエージェントが無料で、

あなたにふさわしい企業の提案、
面接日程の調整、
面接のロールプレイング、
雇用契約書の手続き代行、
円満退社に向けての手続きのアドバイス、

上記のようなサポートをしてもらうことが可能です。

一人で転職活動をするよりも格段に有利になりますし、自分では行ない辛い年収交渉などもしてもらうことも可能です。
エージェントサービスを利用することで有利な条件を引き出すことができます。

かなりおすすめのサービスですから、是非一度チェックしてみてくださいね。

▶︎大手企業への転職ならDODA

-転職

Copyright© Work & Life & Money , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.