転職

転職面接時に私が逆質問したこと。【受けが良い&やるきをアピールできる例】逆質問しないと落ちる?

更新日:

転職 面接 逆質問

これから転職活動を始めようと考えている、既に転職活動を始めていて今度面接があるというあなた、面接対策は考えていますか?

一言で面接対策と言っても、自己PRから始まり、志望動機や今後のキャリアプランのイメージなど、準備しておく想定回答は考えだすとキリがありませんよね。

せっかく考えて面接に行ったけど質問されなかった想定問答もよくあります。

それでも考えておくしかありませんが、自己PRと同じくらい必ず聞かれる質問の1つに、

「当社や仕事内容など、何でもいいので何か聞きたいことはありますか?」

という質問があります。

それに対して逆質問をどのようにするかも結構面接では重要なポイントです。

逆質問をする場合、何を質問したらよいのかやこれは聞いたら失礼にあたらないのか、など疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、私の経験談をもとに具体的な逆質問を紹介していきますね。

転職面接時に私が逆質問したこと

私が準備しておいて実際にした逆質問は、例えば、

・リーダーに求める資質は何か

・今後の開発予定品目数やその種の見つけ方はどうしているのか

・海外勤務を希望したらかなうのか、また、そのためのスキルの基準はあるのか

・他部署への異動はあり得るのか

・採用された場合に所属する部署の規模はどの程度か

等の質問をしたことがあります。

いずれも、質問した後になぜその質問をしたのか聞かれた時に、私は前向きに考えていますよ、ということを一緒にアピールしやすいことを質問していました。

実際、質問した後に、なぜそれを質問したのかを聞かれることもありました。

例えば、1点目の「リーダーに求める資質は何か」という質問の場合、
面接先の考えているリーダーの資質を聞いた上で、私もそうなれるよう頑張ります、というように話を持っていきます。

さらにあなた自身の経験談も盛り込めるようでしたら、

「私はこれまでこういう考え方で仕事に向き合っていまして、御社の考えるリーダーの資質を満たし得ると考えています。今後さらにそうなれるよう精進します。」

のようにポジティブな話になるように進めることができます。

これは、あなた自身が「自分のキャリアを構築していこうとしているな」という印象を面接官は持ちますので、おすすめの質問です。

実は私は以前在籍していた会社で、何度か面接官もしたことがあるのですが、これは受けのいい逆質問の1つですよ。

2点目の

「海外勤務を希望したらかなうのか、また、そのためのスキルの基準はあるのか」

は、海外に展開している企業でしたら、企業の将来性も判断できますので是非聞いておくことをおすすめします。

そんなこと聞いてもいいの?と思われるかもしれませんが、しっかり聞いておきましょう。

これも、あなた自身はこう考えています、のようにポジティブに話を進めるのです。

企業側も募集している以上、前向きな理由があるはずですから、前向きな説明がなかった場合は、採用を正式に受ける前にちょっと考えた方がよいです。

転職エージェントの方に相談してみるのもいいですね。

紹介した逆質問はどの業種でも使用できますが、さらにあなた自身の職種に対しての質問の準備も忘れないでくださいね。

逆質問をしないと落ちる?

逆質問をしないと落ちるのかという疑問を持っている方も多いです。

正直なことを言うと、しないと落ちると言い切ることはできませんが、逆質問はしないよりはした方が面接では有利であると言えます。

逆質問は仕事への意欲を示したり、自分をアピールする機会になりますし、お互いをより一層よく知るチャンスです。

同じようなスペックの人を面接した場合、全く逆質問しない人と、適切な逆質問をしてきた人、どちらの印象が面接官にとって良いかを考えると、逆質問してきた人の方ですよね。

しかし、どんなことでもとにかく逆質問すればいいというわけではありません。

頓珍漢な逆質問をすると、印象が悪くなり墓穴を掘ってしまうこともありますから、予めスマートな逆質問を用意しておくことは重要です。

実は私の場合「何か聞きたいことはありますか?」と質問されないケースもありました。

これは面接結果がくるまで、「そういったことを質問するまでもなく不採用だと思われてしまったということか」とか、なかなか後ろ向きに考えてしまいますよね。

私はこれまで1度だけこのケースに遭遇しました。

質問されなかったことで「自分には興味がなかったのかな」と後ろ向きに考えて諦めていたのですが、意外にもあっさりと無事次の面接に進むことができました。

後日、質問されなかった理由を聞いたのですが、「単純に会議時間に遅れていて時間がなかった」そうです。

これはかなり稀なケースですので、逆質問は少なくとも3個程度は準備して面接に臨みましょう。

逆質問のコツは逆質問と一緒に、なぜそれを質問したのかをポジティブに説明できるよう準備しておくことです。

是非一緒に考えて万全の準備で転職時の面接に臨みましょう。

転職のプロを味方につけると有利

既に自分一人で転職活動を始めている方も多いかと思いますが、一人での転職活動は、転職先の企業の調査や、面接の日程の調整、準備などやることが多くて大変ですよね。

周りに転職経験者がいないと相談することもできず、結構キツいです。

私は、無料で利用できる転職エージェントを頼らないのは勿体無いと考えています。

転職エージェントを利用すると、自分にあった適切な転職先の企業を紹介してもらったり、応募書類の作成の添削や、模擬面接などを行ってもらうことができます。

これ、全部無料です。
転職エージェントは企業側が費用を負担しているので、利用者である私たちは1円も払う必要がありません。

転職エージェントもいろいろありますが、幅広いキャリアを持つ方に利用しやすいおすすめの転職エージェントはdodaです。

dodaの何がオススメなのかというと、

dodaは応募書類や面接のアドバイス、日程調整などについてマンツーマンでサポートしてくれるキャリアアドバイザーと、
担当企業の採用計画や求める人物像をトータルに理解している採用プロジェクト担当の二人がタッグを組んであなたの転職をサポートしてくれる点です。

ここまで手厚いサポートが得られる転職エージェントは珍しいです。

一人で転職活動をするよりも格段に有利になりますし、自分では行ない辛い年収交渉などもしてもらうことも可能です。
エージェントサービスを利用することで有利な条件を引き出すことができます。

模擬面接などを行ってもらうことも可能なので、面接に自信がない方にはかなり心強いです。

かなりおすすめのサービスですから、是非一度チェックしてみてくださいね。

▶︎大手企業への転職ならdoda

-転職

Copyright© Work & Life & Money , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.