就職支援

ニートがプログラマーとして就職することは可能!

更新日:

現在なかなか就職活動が上手くいかず、ニートになってしまう方も多くなっています。
就職するためには、手に職をつけるのが一番早いですが、今最も就職に有利なのはプログラマーです。

IT業界が大きく発展する中、プログラマーの人材が足りず、どこの企業でも引っ張りだこだからです。
時間があるタイミングだからこそ、プログラミングを学ぶという選択肢も考えてみましょう。

プログラマーは人手不足

プログラマーというのは、現在はもちろんのこと、この先も慢性的に人手不足が続くと言われています。
これは日本だけでなく他の国でも同じで、プログラマーはどこの国でも重宝されるようになります。
なのでプログラミングを学んでおけば、今後職に困ることはないと言っても過言ではありません。
更にプログラマーの希少価値が高くなることから、当然収入も高くなります。

職歴やスキルがなければ通常安月給のブラック企業に入るしかないことも多いですが、プログラミングを学んでおけば、今後の生活基盤も安定しやすくなるのです。
それから労働環境も融通が利きやすくなり、プログラマーの中にはテレワーク(自宅で働く)や週3~4日勤務など、今どきの労働環境で働けることが多いです。

これも希少価値が高い人材が故に、プログラマーを囲い込みたい企業が多いことが原因となっています。そういった事情もあり、プログラミングを身に付けておくことで、収入がよく自由な働き方も実現しやすいというわけですね。

ニートはプログラマーに向いている

そしてニートになる人には、案外プログラマー向きな人も多いです。
人と話したりコミュニティに溶け込むのが苦手、あるいはつまらない仕事はしたくないという性格である分、作業に没頭したり一つのものを作りあげることは得意な傾向にあるからです。

そしてプログラミング一つとっても様々な言語があり、自分の興味ある分野を選択しやすいです。
HPを作りたいのか、ゲームを作りたいのか、はたまたアプリ開発がしたいのかなど、興味が湧く分野を一つ決めてから学習に取り掛かることができます。
なので自分が長年楽しく働ける分野も見つかりやすいのです。

更に就職活動のとき以外は基本的に家にいるわけですから、新しいことを学ぶ時間にも恵まれています。
プログラミングを学ぶ時間は社会人だとなかなか取れませんから、ニートである今がチャンスとも言えますね。時間がたっぷり取れるうちに、プログラミングを学んでおくのは割りとおすすめです。

フリーランスとして在宅で働くことも可能

プログラミングのスキルを身に付けることで、会社員としてではなくフリーランスとして働くこともできるようになります。人材不足により社内でプログラマーを抱えることができず、外部に委託している企業が非常に多い状況です。
そのため、フリーのプログラマーを募集している企業もよく見られますし、クラウドソーシングなどにもたくさんの案件が流れてきているのです。

そして現在ニートである方の中には、外で働くことに抵抗感を持っていて、可能なら家で働きたいという方もいらっしゃるはずです。
多くの職種で自宅で働くのはなかなか難しい手段ですね。
しかしプログラミングを学ぶことでフリーランスとして在宅で働くことも容易になるのです。

もちろん実務レベルのスキルが必要になるので、しっかりと勉強する必要はありますが、フリーランスになるための手段としてプログラミングを学ぶことも考えてみる価値はありそうです。
実際フリーランスになりたくてプログラミングを学ぶ人も、少しずつ増え始めています。

プログラミングスクールでまずは勉強

プログラマーになるまでの道のりですが、まずは当然プログラミングを学んでいく必要があります。
独学で学ぶ道もあるのですが、正しく成長をするためにはプログラミングスクールで勉強するのがやはり効率的です。

プログラミングスクールの中には、学校のように通いで行くスクールもありますが、自宅学習プログラムを提供してい
るスクールもあります。
基本的には費用面から考えて、自宅で学ぶことをおすすめしたいですが、家だと集中して学べそうになければ通いを選択するのもいいでしょうね。

さらにプログラミングスクールの中には、その後の就職支援まで行っているところもあります。
職相談はもちろんのこと、スクール側が仕事の紹介までしてくれるのです。そういうスクールに通うことで、学習から就職までの道筋も見えやすくなります。これもスクール選びをする際の、一つの基準として考えてみてください。

学べる内容に関しては、プログラミングスクール間で大きく差はないものの、中には粗悪なスクールを展開しているところもあります。なので受講を決める前に、しっかりと評判を確認しておくことも大切です。
中には知識のない人が講師をやっているケースもありますので、値段やサービス内容だけを鵜呑みにしないことが大切です。ただ、しっかりしたスクールであれば、独学で学ぶよりもずっと学習効率はいいのは間違いありません。プログラミングを学んでみたいと思ったら、まずは学びたい分野をしっかりと決めてから、プログラミングスクールの受講も検討してみてください。

私のニートがプログラマーになるためにオススメするプログラミングスクールはGEEK JOBというスクールです。

このGEEK JOBは無料でプログラミングが学べるスクールなのですが、
プログラマーとしての就職まで面倒を見てもらうことが可能なんです!

プログラミングを学んでも就職できなければ意味がありません。

500社以上の優良企業への就職サポートをしてもらえる、GEEK JOBは受講者の就職後に企業側から報酬を得るから受講者は無料で教材費もいりません。

お金のないニートにはかなり有り難いスクールなので下記から1度チェックしてみてくださいね。

30代プログラマーの年収はお幾ら位?案外高くはないですが...

30代のプログラマーの年収は? 2017年に厚生労働省が発表した賃金構造基本統計調査に基づいて算出されたデータによると、 プログラマーの年収の平均は416万900円、 男性は426万3400円、 女性 ...

続きを見る


プログラマーになるにはどんな勉強をしたらいい?独学orプログラミング講座のスクールどちらを選ぶか問題

プログラマーの仕事は知的で現代にマッチした仕事としてかなり人気です。 なんとなくプログラミングを学んでプログラマーになりたいと思っている方も多いのではないでしょうか。 とはいえ、プログラミングは「言語 ...

続きを見る


DYM就職は30代でも利用可能!ニートやフリーターの最終兵器!東証一部上場の大手企業求人多数ありの就職支援

30代に入ってしまうと、利用できる就職支援サービスもかなり限定されてきます。 そう、20代の利用者しか登録できないってところも多いのです。 残念ですが、これが現実。 例えば、就職支援で有名な第二新卒エ ...

続きを見る

-就職支援

Copyright© Work & Life & Money , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.