転職

未経験で外資系企業の営業に転職する方法

更新日:

外資系 未経験 営業

外資系企業の営業と聞くとかっこいいイメージがありますので、憧れている方は意外と多いのではないでしょうか。

働く環境や文化の違いがあるため一概には説明できないものの、外資系企業の営業に転職するメリットを幾つか挙げてみました。

・日系企業と比較してみると評価が給与に反映されやすい
・意思決定のスピードが速くてスムーズに仕事ができる
・持ち前の英語力を仕事に活かすことができる
・上下関係があっさりとしていて上司や同僚と付き合いやすい

男女や年齢の差別がなかったりスピード昇格と昇給が期待できたりといった点は、比較的どの外資系企業にも共通していますよ。

未経験で外資系企業の営業に転職する方法はこれだ!

「外資系」と聞き、「自分には敷居が高いのでは?」とイメージを持っている方はいませんか?

しかし、今までの経験や高い英語力を上手く活かせば、未経験でも外資系企業の営業に転職できます。

日系企業とは違ったメリットがたくさんありますので、外資系企業への転職を考えるのは選択肢の一つですね。

伝統的な日本企業と外資系企業とでは後者の方が転職しやすく、その理由を簡単にまとめてみました。

日本企業
新卒採用数に対して中途採用が極端に少ない傾向がある

外資系企業
ほとんどが中途入社で構成されている

つまり、実力さえ持っていれば未経験の分野でも、外資系企業の営業に転職できるわけです。

以下では未経験で外資系企業の営業に転職する具体的な方法を紹介していますので、今の会社に不満を抱えている方や年収アップを考えている方は参考にしてみてください。

高い英語力を手に入れる

外資系企業の営業と言っても基本的には海外勤務ではなく、日本支社に勤務するケースが増えています。

社風もほとんど日系企業と変わらない感じですので、「英語が話せなければ絶対に転職できない」といったわけではありません。

それでも、高い英語力を持っていれば他の人材と比べて重宝されますし、昇進の際には本社や上層部との会議に参加しなければならないので英語のスキルは大事ですよ。

以下では、外資系企業の営業に転職する際に必要となる英語力の目安を挙げてみました。

・メールや電話でのやり取りが中心の場合はTOEIC700点以上が目安

・英語を使った会議でレポートの提出やディスカッションを行う際はTOEIC800点以上は欲しい

・日常英会話だけではなく、ビジネス英語やプレゼンテーション能力の高さも必要

海外とのコミュニケーションが頻繁にある企業に転職する場合、ある程度の英語力が求められます。

求人の案内をチェックしてみて、「TOEICのスコアが○○○点以上」と条件の中に記載されている案件は少なくありません。

全く英語でコミュニケーションが取れない状態だと採用率は下がりますので、最低限の英語力は身に付けておいた方が良いですね。

英語に自信がない人が外資系に転職したい場合は転職エージェントを利用するのが近道。

素直に、未経験で英語もそんなに話せないけれど外資系企業の営業になりたいと相談してみましょう。
転職エージェントはそれぞれの企業の社風にも精通しているので、英語が苦手でも働きやすい企業、
例えば日本資本が多い外資系企業などを紹介してくれることでしょう。

あらゆる業種の求人を取り扱っている総合型の転職エージェントは最低でも1社は利用すべきで、プロのアドバイザーやコンサルタントがあなたの転職を徹底的にサポートしてくれます。

一人で求人を探して企業に応募する転職サイトと違い、転職エージェントにどんなメリットがあるのか幾つか挙げてみました。

・そのエージェントでしか持っていない外資系企業の独占案件や非公開求人を持っている

・カウンセリングで客観的な視点であなたの強みや魅力を引き出してくれる

・職務経歴書の添削や面接対策など、転職を成功させるサポートをしてくれる

初めて転職をする場合、「何から始めれば良いのだろうか・・・」と迷っている方は多いのではないでしょうか。

しかも、未経験で外資系企業の転職を考えている人であれば、中々今後の予定を立てられない可能性があります。

そんな時に転職エージェントを利用すれば、あなたが希望する転職をプロがサポートしてくれるわけです。

数多くのサービスの中でも、大手のdodaでは外資系企業の営業の求人案件も取り扱っています。
無料登録すると非公開求人を見ることができます。

外資系を含む全体の非公開求人は業界トップクラスですので、外資と日系両方検討中という方にもおすすめ。

まずはdodaに登録して初回のカウンセリングを受けてみてください。

▶︎▶︎大手企業への転職ならdoda

日系企業の営業職と外資系企業の営業職の違い

未経験で外資系企業の営業職に転職する予定の方は、日系企業との違いをきちんと押さえておかなければなりませんね。

最後に何も知らないでいると入社した後に戸惑いやすいので、幾つかのポイントをチェックしておきましょう。

・成果を重視する傾向があるので、事前に目標を立てて厳しいノルマが課せられやすい

・課されるノルマや責任をバネにできる人であれば昇給や昇進が期待できる

・時間配分やスケジュール管理は自分の裁量で判断できる

・販売金額の調整や新しいシステムの導入など社内決裁が複雑

転職後の失敗を未然に防ぐためにも、実情を理解した上で求人先を決めてみてください。

外資系 年齢制限
外資系企業への転職で年齢制限はあるor関係ない?35歳なら余裕なのか

外資系企業への転職を考えるに当たり、次の疑問や不安を抱えている方はいませんか? ・日本の企業と同じように年齢が上がるほど厳しくなるのでは? ・自分は30代を超えているから外資系企業はハードルが高いので ...

続きを見る

-転職

Copyright© Work & Life & Money , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.