転職

高卒が正社員への転職を目指すために準備しておきたい面接想定問答集

更新日:

高卒 正社員

「正社員採用が増えています」という明るいニュースが頻繁に聞こえるようになりました。
しかし、転職の求人情報をみると、応募条件に「大卒以上」と書かれていることも多いですし、「高卒以上」と書かれている求人には大卒者も当然応募してくるわけです。

どうしても高卒者は不利になりがちな転職ですが、面接のやり取り次第で十分に大卒者との差を埋めて採用に近づくことが可能になります。

実は転職面接では「高卒だからこそ」聞かれる質問があります。

それで、
今回は、高卒者が正社員採用を目指して転職するときに、準備しておきたい面接の「答え」についてお話しします。

適切な回答をあらかじめ用意しておくことで面接での立ち振る舞いも自信が持て、転職の成功にグンと近づくことができますよ。

高卒の理由に関する質問

正社員採用を目指すならば、転職時の面接で多少突っ込んだ質問もされることになります。

最近は、大卒者が増えているため、
「大学進学しなかったのはなぜですか?」
などと大学に進学しなかった理由を聞かれることもあります。

特に工業高校や商業高校などの専門科ではなく、普通科高校だったりすると聞かれることが増えますね。

もしも、経済的な理由で進学を断念したのならば、正直に理由を話してもいいでしょう。
最近は奨学金を利用して進学する人も増えています。
奨学金を利用しなかった理由についてもはっきりと答えられるように答えを考えておくのは賢明です。

ごく稀に高卒で働き始めた理由を家族のせいにする人がいますが、できれば家族や自分以外のせいにすることはやめたほうがいいでしょう。
理由を人のせいにした場合「自分で解決策を考えられない人」と思われる可能性があります。

高卒で働き始めた理由は「自分なりの考えがあった」という内容でまとめるのがベストです。

例えば「大学進学も考えましたが、具体的に専攻したい分野をみつけることができませんでした。社会に出て働きながら、様々なことを実践で学び社会経験を積む方が自分に向いていると思い、大学進学はしませんでした」と答えれば、進学しなかった理由が明確です。

また、大学に入学したものの中退したために高卒になっている人もいます。
同じ高卒でも、大学中退者には必ず「大学を中退した理由」が聞かれます。

大学を中退した人に対して企業が不安に思うよくある理由は、

「嫌なことがあるとすぐに逃げ出してしまうのではないか?」
「何をやっても長続きしないタイプなのでは?」

という懸念です。

この不安を解消してあげるもっともな理由が面接時に言えると安心されますね。

スキル向上の意思を確認される

高卒の人と大卒の人とを比較すると、どうしても大卒者の方が向上心が高いように思われてしまうかもしれません。

まぁ実際は大卒者と言っても、とりあえず大学は出ておこうという気持ちで行く方がほとんどだと思いますが…。

しかし、転職面接では、向上心の有無は重視されます。

向上心がない人を採用しても、学ぶ意志がないため、なかなか仕事の幅を広げることができないからです。

高卒の人には「働きながらスキルを向上させる気持ち」について質問されるかもしれません。

転職先の仕事で必要なスキルがあるならば、採用後は積極的にスキルの取得・向上に努めるという意思が面接担当者にしっかりと伝わるようにアピールしましょう。

ただやる気がありますというのではなく、どのように努力するのかというプロセスも答えられるといいですね。

転職面接では、漠然とした答えよりも具体的な答えの方が担当者の印象に残りやすいものです。

大卒の後輩の早く昇進しても大丈夫?

会社によっては、学歴によって昇進のスピードが異なることもあります。

高卒で先に採用されたとしても、後から採用された人が大卒の場合は、後輩が先に昇進する可能性もあるのです。
人によっては、後輩に先を越されたことでプライドが傷ついてしまい、会社を辞めてしまう人もいます。
そのため、転職面接では高卒の人に「高卒だと大卒の後輩のほうが早く昇進するかもしれないけど大丈夫?」と確認しておくこともあるのです。

この質問に対しては口が裂けても

「大丈夫じゃないです」

と答えるわけにはいきませんよね。

しかし、実際に後輩に先を越されたときをイメージしておくことも大切です。

大丈夫と考える根拠についても触れておくと面接担当者は納得します。
例えば「ゆっくりと昇進することで一つの仕事に深く携われるメリットもあると考えます」と付け加えて答えることもできるのでではないでしょうか。

正社員採用は、パートやアルバイトとは異なり、採用担当者も慎重になります。
向上心に欠ける人を採用してしまうと採用担当者自身の社内での評価が下がってしまいますからね。

答えにくい質問ほど聞かれる可能性は高いと考え、事前に答えを用意しておくようにしましょう。

転職エージェントの利用が強みになる

高卒者が転職活動をする場合、まわりに大卒の強豪がひしめくなかで、たった一人きりで転職活動をするのはかなり大変です。

そもそも転職先の企業を選ぶだけでも一苦労ですし、書類審査で門前払されてしまうこともしばしばあります。

何回も何回も履歴書を書いて、お祈りメールをもらうのは心が折れますよね。

そこでおすすめなのは高卒者に強い就職・転職エージェントであるDYM就職を利用する方法です。

費用は無料

なぜかというと、エージェント側は紹介先の企業から費用を得ているので、転職希望者は1円も払う必要がありません。

コンビニで求人誌を無料でもらうことができるのと同じような仕組みです。

DYM就職がおすすめの理由は、転職希望者の第一関門である書類審査がないことです。

DYM就職のエージェントは各企業との関係が深いため、採用担当の方や企業の社長と直接交渉してもらって、書類選考なしで面接までセッティングしてもらうことが可能です。

一部上場企業、トップベンチャー企業等、厳選された2,000社以上の企業からあなたの強みにあった企業とマッチングしてもらい、転職完了まで二人三脚で転職のプロであるエージェントにサポートしてもらうことが可能です。

これが無料で利用出来るなんてはっきり言って夢のようなサービスと言えるでしょう。

転職のプロによる無料の支援サービスを利用したい方は下記からアクセスしてみてくださいね。

▶︎▶︎DYM就職

DYM就職についてもっと知りたい方は下記の記事も合わせてご覧ください。

dym就職 30代
【DYM就職支援の評判】口コミが気になる?無料登録だけで可能な面談ではエージェントが徹底サポート

DYM就職の就職支援を利用しようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 やはり評判・口コミを調べるのが転ばぬ先の杖と考えている方もいると思いますが、この記事ではDYM就職を徹底的に調べ上げています ...

続きを見る

-転職

Copyright© Work & Life & Money , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.