派遣社員

派遣社員のメリットとは?

投稿日:

派遣社員 メリット

派遣社員として働く場合のメリットとして、まず自分で仕事を探さなくてもいい、ということが挙げられます。
コーディネーターさんが汗水たらして仕事を確保してくれてきます。
あなたは待っているだけで仕事につくことができるのです。

なかなか入ることのできない大企業で勤めることができるのもメリットです。
派遣社員として大手電機会社ばかりを渡り歩いて、機械の設計業務をやっている方もいらっしゃいます。
色々なやり方を吸収できるので、大いにスキルアップにつながっているそうです。

自分のライフスタイルに合わせて働けるというのもメリットですね。
週に4日だけにしたい、1日5時間以内にしたい、といったわがままもかなうことが割と多いです。
正社員だとこういった働き方は不可能ですので、子育てや副業なども、はかどるのではないでしょうか。

相談できる相手がいる、というのも大きなメリット。
派遣元の会社のコーディネーターは親身になって相談を聞いてくれます。理不尽な仕事をやらされた場合、正社員では我慢しなければならないのが一般的ですが、派遣社員だと派遣元を通じて苦情を入れてくれます。

自分に合わない会社だった場合、即辞められる、というのも大きなメリット。長くても3か月我慢することでその職場からは離れることができます。人間関係が濃厚な会社という社会の中ではこれは大きなメリットだと思います。どんなに嫌な思いをしても、3か月の我慢、と考えればにっこり過ごせるのではないでしょうか。

働いたら働いた分だけ給料がもらえるというのもメリットです。サービス残業はありません。また、その職場に必要不可欠の人物となった場合、派遣元との時給アップの交渉が非常に有利に行えます。ボーナスが無いことはデメリットですが、それを差し引いても有り余るほどの月給をもらっている人も多いですよ。交通費が出ないことがほとんどですが、仕事で必要な物も含めて経費として自分で申告する、という方法もあります。

狭い範囲の仕事しかやらなくていい、というのもメリットかもしれません。契約した範囲の仕事以外のこと、例えば掃除やお茶くみが契約に入っていなければやる必要はありません。というより、契約にないのであればやりたくても出来ない、というのが正しいです。会社の行事に振り回されず、開発業務に専念できれば、それは大きなメリットだと思います。

デメリットとメリットは表裏一体、デメリットもメリットと考えて、前向きにいきましょう!

-派遣社員

Copyright© Work & Life & Money , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.