転職

リストラはある?外資系企業でクビになる理由 【恐怖のPIPとは】

更新日:

外資系 クビ

「日本の企業はリストラされにくいけど、外資系企業は直ぐにクビを切られる」といった噂を聞いたことはありませんか?

外資系企業だからといって即リストラされるわけではないものの、上司に気に入られていなかったり何となく使え無さそうといった理由でクビを切られるケースは結構あります。

そこで、日本の企業とは異なる外資系企業の特徴を幾つか挙げてみました。

・数字至上主義だからこそ使えない人間を切り捨てる傾向がある
・リストラの対象になると自主退職を迫られる(Performance Improvement Plan)

外資系企業は成果を第一に考えていますので、コストを抑えて会社の利益を確保するリストラが行われやすい傾向がありますね。

外資系企業でクビになる理由をまとめてみた

「リストラが多い」と聞き、外資系企業への転職を戸惑っている方は少なくありません。

どんなケースでクビになるのか、またはどんな場合で解雇の対象となるのか外資系企業の特徴を把握しておくのは大事ですよ。

例えば外資系企業でクビになる理由には下記のようなものがあります。

・部門(セクション)が廃止する
⇒サービスや技術トレンドの変化で、自分が所属している部門が廃止したりチームが解散したりすることがある

・日本から会社ごと撤退する
 ⇒日本でマーケティング活動が上手くいかなかった外資系企業は、日本から会社ごと撤退するケースがある

・仕事のパフォーマンスが悪い
⇒企業によっては数年間に1回のペースでパフォーマンスが悪い人材をリストアップし、退職してもらう方向に動くことがある

・チームリーダーと上手く関係を築けない
⇒人事権は基本的にチームリーダーが掌握していて、あまりにも評価が低いとクビになりやすい

外資系企業で雇用者をクビにする場合は自主退職を迫られることが多く、
「Performance Improvement Plan」と呼ばれています。

略してPIPとも言います。

「あなたは仕事のパフォーマンスが低いから改善してね。改善しなければどうなるか分かっているよね?」と迫り、自分から退職しなければ気まずい状態を作るわけです。

実際にPIPを迫られる人は結構いるようです。
世界最大手の検索エンジン グーグルの検索サジェストを見ると、

「PIP サインしない」
「PIP 拒否」

などの検索履歴が見られますね。

企業側が「明日から来なくていいよ」と強制的にリストラすることは法律で禁じられていますが、外資系企業では日系企業よりも退職勧奨の対象となりやすいリスクがあると転職前に心得ておかなければなりません。

外部リンク⇒PIPとリストラ

外資系企業で働く際に押さえておきたいポイント

クビになりやすいと聞くと不安になる方は多いのですが、その代わりに外資系企業は成果を出せば年齢や性別に関わらず評価されたり、ワークライフバランスを重視していたりといったメリットがあります。

年功序列で動きの遅い日本企業で働いている同年代を差し置いて、能力の高い方はあれよあれよという間に外資系企業で成功者の階段を上っていくことでしょう。

では、外資系企業に転職を考えている人はどんなことに注意したらよいのでしょうか。
転職に当たって押さえておきたいポイントを幾つか挙げてみました。

・強くマインドセットをして業務に取り組んで高いパフォーマンスを発揮できる人材になれるように努力する

・人事考課で厳しい評価が下されるようになった場合は、今一度自分の仕事の進め方を見直してみる

・インプットの時間を今まで以上に増やして自己研鑽に励む

一度クビの対象になると周りの人から見て明らかな成果を出さなければ現状を打破するのは難しいため、日頃からの努力が必要ですね。

外資系企業に転職できて満足するのではなく、更に自分のスキルや能力を高めていかなければなりません。

外資系企業はぬるま湯ではありませんが、自分自身のレベル上げをしたいと考える意欲の高い人は外資系企業に向いています。
得られるリターンは日系とは比べものにならないことも多いですからね。

外資系企業に転職して成功者への階段を着実に歩みたいという方には第一歩として、転職エージェントのDODAの利用をおすすめします。

DODAには外資系企業に精通する専任のアドバイザーが在籍しているため、あなたの希望に合わせた転職が可能です。

求人紹介、応募や面接、内定をもらって退社といった流れで徹底サポートしてもらいスムーズな転職ができますので、是非一度DODAに相談してみてください。

▶︎▶︎大手企業への転職ならDODA

ちなみに英語ができないと外資系で働くのは難しいと思っている方も多いですが、必ずしもそうとは言い切れません。
下記の記事も合わせてご覧ください。

▶︎英語ができない人が外資系企業への転職を目指す方法!

-転職

Copyright© Work & Life & Money , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.