就職支援

20代後半の大卒フリーターは正社員になれる?就職活動のコツ

更新日:

大卒 20代 フリーター

大学を卒業したけれど、何となくフリーターになり気づけば20代後半に差し掛かってしまった…。

この記事を読んでいるあなたは上記のような状態なのではないでしょうか?

私も20代後半ですが、
やはり30になると体力も落ちるっていいますし、周りの目もちょっと変わって来そうなので、30代になるまでになんとかしなければと思う焦る気持ちが湧き起こってきますよね。

例えば今後もフリーターであるという選択肢を選ぶと下記のようなデメリットがあると思います。

・怪我したら働けなくなって無収入
・社会的信用が低いため家のローン等が組みにくい
・結婚相手の親に結婚を反対される可能性がある
・給料はほとんど上がらない。体力低下と共に収入は減る一方

一般的に考えて20代後半のフリーターが正社員として就職に成功するのは、なかなか至難の業です。

書類選考で落とされる可能性大

書類選考 落ちる

就職活動を始めて、履歴書を送ってもフリーターだと書類選考で落とされることも多いです。

企業からすると職歴に乏しい人はたとえ大卒であったとしてもリスクに感じられてしまいます。

採用担当者は暇ではありませんから、幾つか集まった履歴書から面接する人を取捨選択して選ぶため、直接やるきをアピールできない書類選考ではフリーターは不利になってしまいがち。

自分は企業からすると、一度会いたいとも思われない相手なのか…。とショックを感じることも多いでしょう。

書類審査で落ち続けると、履歴書に箔をつけよう、手に職をつけようと考えて資格取得に励む方もいます。

これは、はっきり言って徒労に終わることが多いです。

合格までにかなりの時間を割いて学習に取り組まなくてはいけませんし、落ちてしまうことも当然あります。
資格取得したところで、相手の企業はそれほどその資格を重要視していないことも。

資格取得には教材費や受検費などのコストも掛かりますよね。

実際の仕事で役立つかどうかも分からない資格取得に挑戦して、貴重な時間とお金を無駄にするのはやめたほうがいいです。

20代は時間との勝負。
特に20代後半戦はあっという間に時間が過ぎます。

スーパーに並んだ鮮魚の刺身のように、鮮度が命です。

30代に近づけば近づくほど正社員の門は狭くなっていきますから、資格取得で貴重な時間を消費するのは、はっきり言って無駄なんです。

書類選考を切り抜ける方法

大卒 フリーター

面接にまで漕ぎ着ければ、

「自分をアピールできるのに」
「勝算があるのに」

と思っている方に朗報があります。

それはDYM就職という就職エージェントを利用する方法です。

DYM就職は既卒・フリーター向けの就職エージェントなのですが、利用は無料です。

DYM就職を利用するメリットの1つに書類選考なしで面接できるという点があります。

各企業の採用担当者や社長とDYM就職のエージェントのパイプは非常に強いので、書類審査なしでも直接面接をセッティングしてもらうことができます。

もちろん面接の指導もしてもらうことが可能。

就職のプロであるエージェントが客観的に面接の対策を実施してくれますし、各企業の傾向にも詳しいので、よく聞かれる質問や傾向を教えてくれます。手厚いサポートなので、攻略サイトを見ながらゲームしているような感じですね。

また、複数の企業の面接を同時に受けると日程調整が大変ですが、こちらも担当のエージェントが調整してくれるのでお任せしておけば大丈夫。

大卒フリーターが無料で受けることができる支援としてかなり充実しているので利用しないのは本当にもったいないです。

各エージェントが担当できる就職希望者の数には限りがありますから、20代の貴重な時期を無駄にしないためにも一刻も早くフリーター脱出のための就職活動を開始することを強くおすすめします。

▶︎▶︎DYM就職の申し込みはこちら

DYM就職のエージェントサービスについてより詳しく知りたいという方は下記の記事も是非ご覧ください。

dym就職 30代
【DYM就職支援の評判】口コミが気になる?無料登録だけで可能な面談ではエージェントが徹底サポート

DYM就職の就職支援を利用しようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 やはり評判・口コミを調べるのが転ばぬ先の杖と考えている方もいると思いますが、この記事ではDYM就職を徹底的に調べ上げています ...

続きを見る

-就職支援

Copyright© Work & Life & Money , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.