未分類

毎日残業5時間は普通?いや、十分異常です。

更新日:

毎日残業5時間 普通

残業が毎日5時間ほど続いているという人も結構な数います。

上司が働いているから、同僚も残っているからと、中々会社から帰ることができないこともありますよね。

残業5時間のライフスタイル

1ヶ月の出勤日が22日だとすると、

5時間 × 22日は110時間となります。

出勤時間を9時だと想定すると、
18時に終業し、
さらに5時間残業して、
退社するのは23時。

それから電車で家に帰ったら、コンビニで飯買って食べて、風呂に入って寝るだけ。

すぐに朝が来てしまいます。

これが、週に数日ならまだいいのですが、毎日続くとなると、自分らしい生活が送れないどころか、健康にも大きく悪影響を及ぼします。

さらに休日出勤も加わると、かなりキツいですよね。

普通?異常?

「いや23時に退社とか、休日出勤とか別に普通だし」

と言ってくる人もいますが、

そんな会社ばかりではありません。

ちゃんと定時に帰れる会社や残業が20時間以内の会社も日本にはたくさんあります。

まわりの意見に惑わされると、健康で文化的な生活が送れなくなってしまいます。

古代のギリシャ人達は、みんな昼間から公共広場でいろいろな話題について討論し合っていました。
彼らにとって労働とは奴隷の仕事だったのです。

一般人たちの労働を肩代わりしていた古代ギリシャの奴隷達さえも昼間に働かざるを得ないのはともかく、23時まで仕事はしていなかったでしょう。

残業5時間定常化は、古代の奴隷同等かそれ以下の扱いになってしまいます。

これはどう考えても異常ですよね。

健康リスクが増える

長時間残業をすると、脳卒中や心臓病のリスクが高まると言われています。

睡眠を取る時間が少なくなり、疲れが取れません。

食生活も乱れたり、飲酒や喫煙の量が増えたりします。

また、ストレスが精神を蝕んできます。

いいことなんて皆無なんですよね。
文字通り命を削ってる状況。

脳・心臓疾患の労災認定基準では、時間外労働が単月で100時間超、2カ月ないし6カ月の平均で80時間超が基準とされている。

引用:1日何時間「残業」すると健康を害するのか

上記のリンク先の記事にはこのような記載がありました。

5時間残業だと労災の認定基準に達するような労働だということです。

確実にあなたの健康リスクが高まってきていますので、早急に会社に相談して状況を改善しましょう。

残念ですが、社員のことを駒としか思っていないような会社だと状況は一向に良くならない見込みが高いです。

ですから、場合によっては残業の少ない会社に転職することも視野に入れておく必要があります。

転職をする時間などないと思うかもしれませんが、最近では近くのファミレスやスタバで深夜に面談することのできる転職エージェントもあります。

転職エージェントを利用すれば、会社にバレないように転職活動を行えますし、円満退社できるようサポートもしてもらうことも可能です。

また、キャリアアップも狙えますので、給与面でも待遇が良い転職先に行くことも十分に可能です。

求人件数が豊富で実績のある転職エージェントはdodaです。

dodaは業種が豊富な上に未経験の異業種への転職も徹底サポートしてくれるエージェントですし、登録しなければ見られない優良大手の非公開求人もたくさん持っています。

応募書類の書き方指導や、万全の面接対策をしてもらうこともできますし、
紹介先の企業の業界の動向や、社風や現場の雰囲気、企業の方向性、成長性といった「生」の情報もエージェントからもらうことができますので、転職して「失敗した!」って思わずに済みます。

また、今の会社を円満退職につながるサポートも受けられます。

▶︎doda

いきなり、エージェントと面談するのではなく、登録しておいて企業からのスカウトを待つタイプの転職エージェントもあります。

リクナビNEXTです。

リクナビNEXTはとりあえず登録しておけば、オファーが届くので、転職活動の時間が取りづらい人にオススメです。

何かいい話があればと思っている方は、とりあえず登録だけして様子を伺ってみるのはいかがでしょうか。

-未分類

Copyright© Work & Life & Money , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.