転職

【40歳での転職】男性におすすめの職業は?未経験業種はかなり無謀。まずは安定を重視して年収アップを狙うべし。

更新日:

40代 転職

40歳前後で転職を考えているあなた。転職するかどうかの決断をする上で、自分自身の年齢も1つの大きな要素になりますよね。

40歳前後で転職を考えているのでしたら、これまで経験してきた職種や業界内での転職でしたら比較的転職しやすいように考えられますが、全く違う職種や業界にということでしたら、けっこう勇気がいります。

この記事を読んでいるあなたはどちらでしょうか。




40代での転職成功率は?

私自身、これまで4回転職していますが、現時点で最後の転職は40代に近い方の30代後半でした。

20代の時に1度だけ違う職種に転職したことがありますが、1年程度で元の業界の元の職種に戻りましたので、3回は同じ業界内での転職です。

そのうち、4回目の転職の際は、結果的には職種は変わりませんでしたが、実はこれまでの経験に拘らず、職種や業界をしぼらずに転職活動をしていました。

この時の私の経験談も含めて紹介していきますね。

未経験業種にチャレンジははっきり言って無謀

あなたが全く違う職業やこれまで就きたかった職業などに新しく未経験から挑戦したいという場合について考えてみます。全くの未経験から別の職業での企業への転職でしたら、一般的に、年齢的にかなりハードルが高いです。

まず、年齢で雇ってもらえないことが多いですし、雇ってもらえたとしても既にバリバリ活躍している、20代30代の年下の先輩からアゴで使われたり、使えないおっさん扱いされたりするのはキツイですよね。

家族のために耐えられるという方や、パワハラは気にならないという方ならいいですが、そんな方はそうそう多くないでしょう。

ですから、未経験業種にチャレンジするのはあまりおすすめできません。

どうしても未経験業種に40歳前後で就きたい場合には、人手不足な職業、例えば運送業界や介護関係などが選択肢に入ってきます。

これらは未経験でも転職しやすく、同じ様な年代で転職して入ってくる人が多いことや、人手不足ゆえに最近では待遇も改善してきていることから、将来的にも家族を養えなくなることはあまりないでしょう。

タクシーの運転手なども、敬遠されがちですが、中途採用で入る人が多く稼げる仕事として人気がありますね。

しかし一部の職業を除き、40代で未経験業種への転職は、待遇の悪化や年収のダウンにつながることが多いです。

同じ職種で他の企業

40歳前後で転職を考えているあなたにおすすめの職業としては一番初めに検討すべきは、まずはこれまでのあなたの経験している職業です。

つまり、職業は同じだけども企業が違うところで働くということですね。

実はこんな職業に就きたかったなど、憧れの職業というものは誰しも持っているでしょう。

そういった全く違う職業に転職しようという考えや希望もあるかとは思いますが、現実は甘くありません。

もう40ですし、夢や希望を追う年齢でもありません。
あなたがこれまで経験してきた職業というものは、やはり今後のあなたの1つの武器となります。

ここは大人として安定を重視しましょう。

転職する場合には必ず面接がある訳ですが、同じ職種なら、どういった仕事内容をしてきたのか面接官に理解してもらいやすいですし、実際に転職先で配属されてもすぐに実践で活躍できるので、自分自身のストレスも少ないです。

何よりも今の年収よりも大幅アップも見込むことができます。

しかし、転職で年収を上げるには少しコツがいります。
あまり、お勧めできないのは、中途採用の求人広告を見て自分で面接に行く方法です。

もちろん交渉の上手な方もいらっしゃるのですが、大抵の日本人の国民性を考慮すると、提示された年収が思ったより低かった時に中々自分で「もっとちょうだい」ということができません。

普通は「あぁそうですか。」といって諦めてしまうんですね。結果的に転職先でも不満の募るまま残りの人生を不完全燃焼で終えることになってしまいます。

そこで、おすすめなのが転職エージェントを通すやり方です。

転職エージェントは無料で利用することができますが、その仕組みは求人している企業がエージェント側にお金を払っているからです。

転職エージェントの会社がもらう金額は採用後のあなたの年収のおおよそ3分の1。

つまり年収600万なら200万くらいはだいたいエージェント側がもらっている訳です。

「そんなにエージェント側がもらっているのかよ!」と思うかもしれませんが、あなたの腹は一切痛まないのでその気持ちはそっと押さえて転職エージェントを利用するメリットに目を向けましょう。

メリットとは、転職エージェントの会社はあなたの採用先での年収が高ければ高いほど、得られる金額は高くなる訳ですよね。

実際に交渉にあたってくれるエージェントも、当然自分の働きの結果が会社から支給されるボーナスにも影響してくるので、少しでもあなたが高い年収になる様に頑張って企業側と交渉してくれる訳です。

ですから、あなたから採用先の企業に「もっと年収をちょうだい」とは言いづらくても、転職エージェントを通して交渉してもらうことで有利に進めることができ、結果として高い年収を得ることができます。

転職エージェントたちは交渉のプロですので、安心して任せることができます。
しかし転職エージェントの会社それぞれで得意な業種は違います。

業界に精通していない転職エージェントだと、頓珍漢な交渉をされてしまうこともあります。

私がオススメする転職エージェントの会社はDODA(ドゥーダ)です。

CMを見たことある方も多いとおもいます。

DODAの何がオススメかというと、DODAにはそれぞれの業種に精通したエージェントが多数所属しているという点です。

例えば、

営業・販売・サービス系に強いエージェント

不動産系に強いエージェント

金融系に強いエージェント

メディカル関連に強いエージェント

以上の様にそれぞれの業種で以前仕事していた人が転職エージェントとして働いているので、話が通じるんですよね。

これが私がDODAをオススメする理由です。

▶︎大手企業への転職ならDODA

ある程度近い業種に転職もあり

上記の同じ職種での転職が不可能と思える場合には、現在の仕事とある程度近い職業、経験や知識を活かせる分野で転職するのがおすすめです。

私が4回目の転職の際に応募していたのは、ここに該当します。

これまで製薬業界における医療用医薬品の開発職でした。
しかし、全く同じ職種で良い条件がなかったので、医療機器の開発職や病院内の職業のように少し視野を広くして転職先を考慮していきました。

実際、選考は有利に進んでいきましたよ。

ですから、同じ職種を何らかの理由で選べない場合には、知識や経験が応用できる近い職業でしたら比較的転職しやすいですし、年収、キャリアアップも目指すことも可能です。

しかし、一人で探すのは至難の技。

ここでも、転職エージェントが役立ちます。

先ほど紹介した転職エージェントのDODAは様々な専門分野のエージェントが多数在籍していて、業界の動向にも通じていますし、非公開求人も多数あります。

非公開求人というのは、一般公開すると応募殺到が予想されるような求人や、求人企業内でも極秘のポジションの求人などです。

これらはエージェントサービスに登録しないと見られません。

実際世の中の好条件の求人はこのように転職エージェントたちによってやりとりされ、すぐに採用者が決まってしまうので、中々表には出てきません。

ですから、求人広告で目につくのはカスのようなブラックな求人ばかりな訳です。

40代で転職というのは、決して有利な条件とは言えませんから、自分一人で転職活動するのははっきり言ってかなりキツイです。

無料で使えるDODAの転職エージェントを利用して転職のプロを味方につけないと、人生の折り返し地点で後悔することになってしまうかもしれません。

転職エージェントと合わないと思えば、DODAはネットのフォームで退会を選べば簡単に辞められますから、ぜひ気軽に利用してみることをおすすめします。

-転職

Copyright© Work & Life & Money , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.