転職

外資系企業への転職で年齢制限はあるor関係ない?35歳なら余裕なのか

更新日:

外資系 年齢制限

外資系企業への転職を考えるに当たり、次の疑問や不安を抱えている方はいませんか?

・日本の企業と同じように年齢が上がるほど厳しくなるのでは?
・自分は30代を超えているから外資系企業はハードルが高いのでは?

しかし、結論から言うと外資系企業への転職で年齢はあまりネックとならず、「仕事ができれば年齢は関係ない」と考えています。

転職において年齢制限がないのは日本の企業とは違う外資系企業のメリットで、20代の若者でも40代を超えた人でもチャンスは十分にあると捉えて良いでしょう。

「若いから将来性を期待されて優遇される」「年長者は採用で厳しくなる」といったことはなく、自分の年齢を気にせずに転職活動ができますよ。

なぜ外資系企業の転職で年齢が関係ないのか、以下では詳しい理由についてまとめてみました。

・実力成果主義で採用の際には個人の能力やスキルを重要視している
・業績というアウトプットが重要だからこそ採用年齢の幅が大きい
・年齢ではなく成果に応じて昇給や昇進が期待できる
・日本の企業と比較してみると人材の流動性が高い

会社によって多少の違いはあるものの、外資系企業には20代半ばから50代後半と幅広い年齢層の方が転職しています。

「募集ポジションに必要なスキルと経験を持っていれば年齢に関係なく採用する」といった適材適所の考え方を持っていますので、「自分は○○歳だから厳しい」と諦める必要はありません。

とは言え、成果主義ということは入社してから成果を出さなければならないため、体力や努力が必要となると覚悟しておくべきですね。

日本の企業で年齢が高いと転職しづらい理由

日本の企業の転職市場では、一般的に若い方が有利で中高年には厳しい特徴があります。

中でも体力が必要となるエンジニアで、転職の35歳限界説を耳にしたことのある人は多いのではないでしょうか。

現在では一昔前と比べてみると転職平均年齢は上昇していますが、若い人材と比べると不利になりやすいのは紛れもない事実です。

以下では、日本の企業で年齢が高いと転職しづらい理由を幾つか挙げてみました。

・30代や40代といった人材は育てられる期間が短く、将来性がないと判断されやすい
・若い人の方が「体力がある」「覚えが早い」と一方的に判断される
・上司と部下の年齢が逆転すると仕事がしづらいと考える企業が多い

若い人材と比べて経験値が高いほど即戦力となりますので、転職の成功失敗において年齢が全てではありません。

しかし、未経験の職種だと今までの経験が邪魔になるケースも多く、会社が違えば覚えることも多いので年齢層が高いと敬遠されがちですね。

一方で外資系企業は日本の企業とは違い、「将来性が期待できないから採用しない」といったことはありません。

応募する職種に関するスキルが高かったり英語がペラペラだったりすれば30代でも40代でもチャンスはありますので、自分が希望する外資系の求人を探して転職活動をしてみてください。

外資系企業で年齢が選考に与える要素

転職の年齢制限がないのが外資系企業の魅力ですが、全ての面接官が一切気にしないわけではありません。

外資系企業でも求職者の年齢に合わせて多少は変わりますので、年齢が選考に影響を与える幾つかの要素を見ていきましょう。

・「指示を与えにくい」「仕事がやりづらい」といった理由で、若いHiring Managerが採用したくないと考える会社がある(外資系企業では上司が部下を自分で採用するケースが多い)

・会社で長く働いて欲しいと考えるのは外資系企業も一緒で、定年退職まで数年の中高年者は積極的に採用しない

・募集ポジションの仕事内容と比較し、あまりにもオーバースペックだと給与が見合わないので採用を見送るケースがある

・40代以降で初めて転職する方は採用に慎重になる(違う企業カルチャーや仕事の進め方に適応できないのではと判断される)

上記のようなケースでを考えると、転職者の年齢が何も影響しないとは言い切ることはできません。

しかし、「専門性の高い経験やスキルを持っている人は採用したい」と考える外資系企業は多く、何歳からでもチャレンジしてみる価値はありますよ。

アウェイとも言える日本市場に外資系が食い込んでいく上で、日系企業で働いてきた百戦錬磨の人材を積極的に採用したいと考えている企業は多いです。

外資系企業への転職は年齢でスタイルが異なる!

外資系企業への転職は、次のように求職者の年齢でスタイルが異なります。

・新卒で入社した企業から3年間以内に転職する20代の人は、スペシャリストを求める傾向がある外資系企業の選択肢は狭まる。

30代になるとマネジャーやディレクタークラスの求人が増えやすく、ハイレベルな競争で勝ち抜くには自分の魅力のアピールが必要

40代になると未経験は難しく、マネジャー・ディレクター・エグゼクティブクラスの中途採用求人がメインとなる

未経験の業種や職種の場合、20代の若者であれば採用に積極的でも40代を超えると企業側は慎重になりやすいのです。

年齢によってアピールするポイントにも違いがありますので、外資系企業への転職を成功させる目的でDODAの無料エージェントサービスで相談してみてはいかがでしょうか。

DODAは外資系企業への転職実績が豊富な転職エージェントで、おすすめポイントを幾つか挙げてみました。

・多数の非公開求人を取り扱っている

・正しい知識やノウハウを持つキャリアアドバイザーがサポートしてくれる

・ワンランク上の履歴書や職務経歴書の添削をしてくれる

「外資系企業に転職したい!」というあなたを徹底的にサポートしてくれますので、まずはDODAの公式サイトから無料登録をしてみてください。

外資系企業の非公開求人も豊富にあります。
無料登録すると非公開求人を見ることができます。

登録はとても簡単ですよ。

▶︎▶︎大手企業への転職ならDODA

外資系 クビ
リストラはある?外資系企業でクビになる理由 【恐怖のPIPとは】

「日本の企業はリストラされにくいけど、外資系企業は直ぐにクビを切られる」といった噂を聞いたことはありませんか? 外資系企業だからといって即リストラされるわけではないものの、上司に気に入られていなかった ...

続きを見る

-転職

Copyright© Work & Life & Money , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.