転職

30代が未経験業種に転職したい時におすすめの職種は?

投稿日:

30代が未経験業種に転職するならどんな職種がおすすめか

まず、管理職やマネジメント業務についていた方ならその経験を異業種でも活用することができます。業種は違っても即戦力になると判断されるので、採用されやすいです。

営業職

営業職も比較的転職がしやすい業種です。営業は法人営業や個人営業、有形の商材を扱う営業、無形の商材を扱う営業など、いくつかの種類に分けられます。未経験者が最も向いているのは法人向けに無形商材を扱うもので、広告や人材といった業種になります。無形商材を扱う場合には、商品価値ではなくその人自身の人間性や能力がポイントになるので、やりがいもあるといえます。営業には向き不向きがありますが、コミュニケーション能力が高く、相手の気持ちを汲み取りつつ顧客に接することができる人なら営業として活躍できるでしょう。

事務職

事務職もパソコンスキルは必須ですが、未経験でも採用されやすい職種です。特に一般事務や営業事務、総務事務などは人事や経理ほど専門性が求められないので転職しやすくなっています。

エンジニア

エンジニアも人手不足が深刻になっているので募集が多い業種です。エンジニアになるための講座を受講するのにスクールに通う必要がありますが、転職が成功すると支払った費用を全額返還してくれるところもあります。

介護業界

介護業界も需要が大きいので転職しやすい業種です。介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級と同等)の資格は最短で1ヵ月、長くても6ヵ月程度で取得することができます。通信講座や夜間講座もあるので在職しながらでも資格取得に取り組むことができます。

ドライバー

ドライバーも転職しやすい職業です。ドライバーといってもタクシードライバーやトラックドライバーなどいろいろあります。タクシードライバーになるには二種免許が必要ですが、タクシー会社で負担してくれる場合も多いです。トラックドライバーになるには、車両総重量が5トン未満の車両を運転するのであれば、普通自動車運転免許だけで問題ありません。車両総重量11トン未満のトラックを運転するには中型自動車運転免許が必要です。中型自動車運転免許を持っている人は運送会社の他にも製造業や建設業などの業種でも重宝されます。

30代で未経験業種への転職する前に知っておくべきこと

まず、転職しやすい業種を選ぶようにしましょう。
また資格が必要な業種なら、無職の期間が長引かないように退職してからではなく在職中に資格を取るのがベストです。それから、最初から正社員として働こうとするとなかなか転職できない場合があります。
最初はアルバイトやパートから始めて正社員を目指すという選択肢も最悪考慮にいれておきましょう。

また、30代未経験を歓迎している会社は、働き始めてもやめていく人が多い職場という可能性もあります。いつも募集をかけている会社は、職場環境に問題がある場合もあるので慎重に判断しましょう。また、どの会社にも新卒者や20代で転職してきた人などがいます。そのため30代で異業種に転職する場合には年齢が下の人から指導や教育を受ける可能性もあります。年下の人に敬語で話さなければならないこともあるかもしれません。そうしたことも起こりうるということを覚悟しておく必要があります。異業種なので実績は全くないという点を認めて謙虚な姿勢を保ちましょう。

また、今まで自分がかかわったことがない業種なので当然わからないこともたくさんあります。わからないことは自分から進んで聞く態度が必要になります。積極性、社交性があれば異業種でも成功することができます。それから、今までのキャリアがほとんど役に立たない業種を選んだ場合には給与も新卒者とほぼ同じくらいになることもあるということを覚えておきましょう。

プロに相談するのが近道

未経験の業種に30代でチャレンジするのは簡単な道ではありません。
1人で転職活動を行うと心が折れそうになってしまうことも…。

転職指導をたくさん行ってきたプロの助けを借りるのが、体と心の健康を守りながら転職するために役立ちます。
働きながらの転職は消耗しますからね。

リクルートエージェントは転職業界でもNo.1のエージェントサービスで利用者も多く、30代の転職にとても強いエージェントです。

リクルートエージェントの「凄さ」についてはぜひ下記のリンクでチェックしてみてください。
もちろん無料ですよ!



-転職

Copyright© Work & Life & Money , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.