就職支援

30代ニートが就職支援を受ける方法

更新日:

30代ニートの将来はマジでやばい

20代の時はふらふらしていても「自由に生きている」なんて言葉で社会的にも許される雰囲気ですが、30代になると途端に周りの見る目が厳しくなるのを感じたことはありませんか。実際、仕事の環境なんて個人の自由で、どんな雇用制度で働いたって誰に文句を言われる筋合いもないのですが、30代になると恋人との結婚を考え始めたり、子供どうする?なんて話になるのも事実です。そうなると、今後の人生、何十年に渡って定期的な収入がある方が安心して人生プランを立てやすいと思います。また、年齢を重ねるにつれて健康の不安が出てくる人も多いでしょう。20代の時は徹夜しても大丈夫だったカラダが、30代になって急に無理が利かなくなってしまうというのもよく聞く話です。年齢は一生若返ることがないので、このまま40代50代と体力が失われていくことを考えると、ニートやフリーターといった「その日暮らし」的なキャリアプランだと、いつか働けなくなった時に苦労することも予想されます。30代という年齢を考えた時、今後のためには、ニートよりも正社員の方が有利です。

普通に求人探してニートから正社員はほぼ不可能

ニートやフリーターなどから正社員に転職する際に立ちはだかると言われているのが、「29歳の壁」です。29歳と30歳なんて、1年しか違わないじゃん!と思うものですが、20代と30代では企業に与える印象はまるで違います。20代に対してはどこの企業も経験やスキルはあまり求めず、あくまで「ポテンシャル」を重視したいと考えている傾向があります。そのため、今までニートでも、「今後育てて行こう!」と企業が思って採用してくれることがあるのです。でも30代になると、ポテンシャル枠ではなく「即戦力」として採用したいと思う企業が多くなります。実務のスキルだけでなく、部下を引っ張っていけるマネジメント能力も求められるでしょう。だから、正社員としての労働経験が極端に少なかったりほぼゼロだったりすると、どんなスキルを持っているのかが判断しづらく、なかなか就職が決まらないということがあります。更に、企業側としても、年齢を重ねている人に対しては給与面でも新卒に比べて条件の良いオファーをすることが多いです。そのため、20代ではなく30代を雇う場合の企業側の負担も大きくなります。そうなると、企業側も「きちんと会社に利益を持ってきてくれる人にオファーを出したい」と思いがちなため、「今後育てよう」といった投資はしなくなるのです。

DYM就職なら30代ニートの就職支援も可

30歳になったし、ここできちんと就職して今後もちゃんと働こうと希望している方にお勧めなのは、きちんとした就職支援サービスを利用することです。中でも、DYM就職は大変おすすめです。ここを通しての就職活動は、書類選考なしでほぼ面接のみ。そのため、採用担当と候補者がきちんと向き合い、会社ではどんな人を求めているのか、また候補者はどんなことで貢献できるのかということについてとことんすり合わせができます。また、学歴や職歴などといった候補者に不利なフィルターを通さないので、企業側にとっても隠れた原石を見つけるチャンスとなります。DYM就職は候補者のサポートだけではなく、企業側へのヒアリング・カウンセリングもきちんと行うため、マッチング率が高いという評判です。30代でニートというのは、履歴書上ではあまりウケがよくないかもしれませんが、書類上のことと本当の仕事の能力は関係ありません。DYM就職を利用し、面接重視の会社と向き合い、自分の才能をアピールすることができれば、年齢に関係なく自分に合ったキャリアを見つけることができるでしょう。

▶︎▶︎DYM就職

DYM就職のエージェントサービスについてもっと知りたいという方には下記の記事がおすすめです。

dym就職 30代
【DYM就職支援の評判】口コミが気になる?無料登録だけで可能な面談ではエージェントが徹底サポート

DYM就職の就職支援を利用しようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 やはり評判・口コミを調べるのが転ばぬ先の杖と考えている方もいると思いますが、この記事ではDYM就職を徹底的に調べ上げています ...

続きを見る

-就職支援

Copyright© Work & Life & Money , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.