リゾートバイト

口コミ・評判が気になる?リゾートバイトの体験談をガチで検証してみた。

投稿日:

リゾートバイトにチャレンジしてみたいなぁ?と何となく興味を持っている方も多いと思います。

でも、やっぱり初めての経験だと遠い観光地である程度の期間バイトするのは不安ですよね。

やはり、リゾートバイトに行く前に口コミ評判をチェックしてみたいというのが、人間の心理だと思います。

評判や口コミが気になるという方のためにこのサイトではリゾートバイト経験者にインタビューしてみました。

豊富な体験談からあなたに最適なリゾートバイトがきっと見つかることと思います!

そもそもリゾートバイトとは

リゾートバイトとは、観光地のホテルや旅館などで行う住み込みのアルバイトのことです。

基本的に寮費、食費、光熱費が無料

だから、生活費が掛からずに働いてゲットしたお金が丸儲け!

がっつり稼げるのがリゾートバイトの特徴です。

さらに、リゾート地への旅費も負担してもらえるリゾートバイト先もあります。

ですから長期休みの際に人気観光地のリゾートバイトへ行けば、バイトもできるし、タダで観光地への旅行もできるしと一石二鳥!

友達同士でも応募OKのリゾートバイトも多いので、大学の長期休暇を利用して友達と楽しみながらリゾート地でがっつり儲けることも可能です。

リゾートバイトの場所はどんな所がある?

一口でリゾートバイトといっても、働く場所(派遣先)はいろいろあります。

もちろんどこで働きたいのかは選ぶことができます。

例えばこんな所があります。


草津温泉の温泉旅館とか


北海道のスキー場とか

・沖縄の高級リゾートホテル
・長野のペンション
・離島のダイビングショップ

などなど

リゾートバイトがの派遣先は日本中にあるので、自分の好きな所がから選び放題です。

リゾートバイトの仕事内容は?

リゾートバイト フロント

接客業から肉体労働まで仕事内容はいろいろ

派遣先での仕事内容も選ぶことができます。

リゾートバイトでよくあるのが下記のような仕事内容。

・ホテルのフロントスタッフ
・お土産の売店スタッフ
・仲居さん
・レストランの厨房
・スキー場のリフト係
・マリンスポーツのガイド

仕事内容もいろいろなのでリゾートバイトでは非日常が味わえます。

きつい?リゾートバイトの体験談

リゾートバイト きつい

リゾートバイトについて少し理解が深まった所で、リゾートバイトの現実について迫ってみましょう。

管理人が大勢のリゾートバイト経験者にインタビューして体験談を集めてみました。

リゾートバイトの大変だったこと

リゾートバイトは

「きつい!」
「大変!」

という意見を聞いたことがある方も多いかもしれません。

実際大変だったという体験談もたくさんありました。

北海道でも屈指のリゾート地でスキー場で尋常じゃない客の量!でとても大変でした。
肉体的に結構ハード!
またカップルでのお客様が多かったので夜でも賑やかな感じだったので睡眠不足との戦い...。

グッチさん 男性(北海道 ルスツのスキー場で3ヶ月)

ナイトフロントの仕事のため、昼夜逆転生活が一番辛かった!
朝仕事が終わり、昼に寝て、夜21時には出勤し、また朝9時までお仕事の繰り返し。
慣れても、休みがあると、まず寝ないと眠くて休みを有意義に過ごせません。

冬は箱根でも降雪があり、その中を裸足で露天風呂の掃除をしなければならず、とても辛かった…。
大浴場を深夜の清掃、夜明け前には湯温のチェックをしなければならず、暗く、不気味で怖かったです。

ルビーさん 女性(箱根のホテルで1年間)

休日や祝日になると一気にお客様やイベントが増えるので、平日とは段違いの忙しさ。
お客様が増えすぎて、自分の仕事だけでなく他の部署のサポートに回らされることもあり、決して楽な仕事ではなかった。

自分は外国語ができないので、外国からのお客様が来たときに対応することができず、他の人を頼るしかないこともあった。

田中さん 男性(大阪のホテルで1週間)

なるほど、なるほど。

やはり、お客の多さが大変さの理由の根源ですね。

年末年始、ゴールデンウィーク、夏休み等の忙しい時期の臨時のスタッフとしてリゾートバイトは派遣されることが多いですから、この時期にリゾートバイトの求人が増えるのも事実。

なるべく、暇そうな仕事内容のポジションや、お客さんが少なそうな施設のリゾートバイトに応募するのもいいかも(苦笑)

体験談にもありましたが、宿泊施設では夜中にも常駐する人が必要なため、普段働いている正社員がやりたがらないポジションに、リゾートバイトで来たスタッフを割り当てる旅館やホテルも多いようです。

夜勤は向き不向きがありますよね。

でも夜型の人にとっては接客も多くなく向いているかもしれませんね。

リゾートバイトの良かったこと

リゾートバイト

では、リゾートバイトに応募して良かったという口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。

スキー場が目の前だったので、休憩時間にほぼ毎日スキーをして遊ぶことができました。

野沢温泉には複数の外湯(温泉)があり、バイトが終わって夜になると、色々な温泉に入りに行ったり、温泉卵を作りに出かけたり、スノーモービルに乗せてもらったりもしました。

スキーやスノーボードが上手くなる方法やコツ等を教えてもらったり、山頂付近に行ってスキー場の中を色々と案内してもらったり、地元のお年寄りにはおいしい野沢菜の漬け方や地元の美味しい調味料を使った料理等についても教えてもらい、それらもとても新鮮でした。

ユリさん 女性(野沢温泉のスキー場で2.5ヶ月)

ペンションのオーナーがメインシェフで料理を色々学ぶ事が出来たので自分のスキルアップの為に良かった。

日替わりのまかない料理が3食しっかりついていたので、どの様な料理が出るのか、今日は誰が作るのかなどが毎日楽しみでした。

もちろん、スキーやスノボーは思う存分楽しむ事が出来ました。

グッチさん 男性(北海道 ルスツのスキー場で3ヶ月)

箱根にはたくさんの観光地があるので、休みのたびにあちこちの温泉へ行ったりしました。
自然も多く、滝巡りをしたり、旧街道を歩いたりして、リフレッシュできて楽しかったです。

男女別の寮があり、社員の方々も同じく居住しており、休みの日には皆でご飯を食べに行ったり、飲みに出かけたりして、仲良く過ごしていました。

仕事でのお客様とのやりとりも楽しかったです。

ルビーさん 女性(箱根のホテルで1年間)

やはり、観光地にある施設でバイトしているわけですから、休みの日はすぐに遊びに行けるのが魅力ですね。

スキーやスノーボード、マリンスポーツに、観光や温泉など、遊びには事欠きません。

また、現地の名物料理などのグルメが味わえるのも魅力の1つです。

リゾートバイトを通して、バイト仲間やいろいろな経歴のお客さんとも知り合うことができるので、出会いもリゾートバイトのメリットといえるでしょう!

リゾートバイトはどこで申し込むの?

リゾートバイト 派遣会社

リゾートバイトはネットで派遣会社を通して申し込むのが一般的です。

まず、

リゾートバイト派遣会社のサイトに行き、応募したい仕事を探して、必要事項を記入し応募。
ちなみに応募したい仕事がすぐに見つからなくてもとりあえず登録して、あとから探すこともできます。

人気のリゾートバイト派遣会社はこの3つ

その後は履歴書をネットか郵送で送ります。

そして派遣会社との面談。

派遣会社の会社へ行って面談する場合もありますが、
最近ではスカイプなどのネットで面談ができるので東京から遠い場所に住んでいる人も安心です。

面談の際には、担当者に希望する条件を伝えて相談することができます。

・沖縄がいい
・夜勤は嫌だ
・時給1200円以上
・1ヶ月以内で

などの希望をはっきり伝えておきましょう。

担当者があなたに最適なリゾートバイト先を紹介してくれます。

ブラックなリゾートバイト先を避けるには

「このバイト先で途中で帰宅した人はいますか?」

等と尋ねてみるのもオススメです。

労働がキツすぎてバックレる人もいますが、そういった所は労働環境に問題がある可能性もありますからね。

リゾートバイト派遣会社の担当者はあなたの味方ですから、
気になることは遠慮なく相談してみましょう。

リゾートバイトの派遣先が決まったら、担当者から改めて、持ち物や赴任当日の詳細についての連絡があります。

現地に到着したら、リゾートバイトの開始です。

リゾートバイトが始まっても、派遣会社の担当者に相談することができます。
心強い味方になってくれるので安心です。

-リゾートバイト

Copyright© Work & Life & Money , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.